· 

【取り組み】新拠点で実現したい要素③

一般社団法人プラスケアは20234月、武蔵新城に新拠点を設立します。

そのうち、私たちが新拠点で実現したい要素は3つ。

1つ目、2つ目は過去の投稿をご覧ください

 

3つ目は「社会的処方を実践していく拠点へ」。

 

「薬で人を健康にするのではなく、地域とのつながりを利用して人を元気にする仕組み」、社会的処方。1980年ごろイギリスで発祥した社会的処方は、2020年~2022年には日本政府の「骨太の方針」の中で、孤立・孤独対策の手段として明記され、いま日本中でその実践が模索されています。

 

プラスケアでは20184月に日本で初となる「社会的処方研究所」を立ち上げ、世界の社会的処方の情報を集め、学びを深める場として運営してきました。

 

 

新拠点ではこの社会的処方を川崎で実践に移していきます。具体的には、中原区内を中心に「興味深い活動」をしている方々を訪ねる「まちの引き出し」や、暮らしの保健室を訪れた方々に対して市民活動をご紹介したり、一緒に活動を作っていくなどの実践を行っていきます。そして、ここでの実践を日本そして世界に向けて発信していくことで、川崎を社会的処方における「日本一のモデル地域」としていきます。

協力団体

 

PEOPLE DESIGN KAWASAKI / Mui / やまと診療所武蔵小杉 / Life Care + / nokutica / みどりなくらし / となりの.

一般社団法人プラスケア

 

川崎市中原区木月1-32-3 内田マンション2階

 

MAIL:info@kosugipluscare.com

TEL:044-863-8444(お電話は平日9時~17時)/ FAX:044-863-8443 

 

©一般社団法人プラスケア All Rights Reserved.