· 

【取り組み】なぜ私たちは「毎日ふらっと寄ることができる暮らしの保健室」を作りたいのか②

※前回投稿の続きになります

 

「医療者と市民とが気軽につながることができる場所」を、川崎市内につくりたい。そんな思いのもとにプラスケアは設立され、5年間活動を続けてきました。

 

多くの方とつながり、おかげ様で活動を続けることができました。

 

しかし、

暮らしの保健室開催は毎週水曜日、第3火曜日、3か月に一度の第3土曜日と限定され、真の意味で「とりあえず、あそこに行けば話ができて、いつでも誰かとつながれる」場所を提供できずにいました。

 

「病気になっても安心して暮らせるまちへ」

イベントとして「暮らしの保健室」を開催するのでなく、常にこのまちにあり続けるために、いつでもふらっと立ち寄れる拠点を独自に持ちたい。

この思いを実現するために20234月に武蔵新城に新拠点を設立します!

 

===========

 

明日の投稿に続く

協力団体

 

PEOPLE DESIGN KAWASAKI / Mui / やまと診療所武蔵小杉 / Life Care + / nokutica / みどりなくらし / となりの.

一般社団法人プラスケア

 

川崎市中原区木月1-32-3 内田マンション2階

 

MAIL:info@kosugipluscare.com

TEL:044-863-8444(お電話は平日9時~17時)/ FAX:044-863-8443 

 

©一般社団法人プラスケア All Rights Reserved.