もちつき大会で健康相談!

6/14、小杉駅前通り商店街にて恒例のもちつき大会が開催されました。

 

+Care Projectでは2013年12月から、このもちつき大会とコラボレーションして、健康に関するブースを出展させて頂いています。

 

今回は写真のようにヤクルトさんとのコラボレーションにより、さらに盛況となりました!


今回は、健康相談に加えて、恒例の

・絵本読み聞かせ

・ガラガラ抽選会

・アロマハンドマッサージ

が行われました。


天候の心配はありましたが、徐々に晴れ間も出てきて、むしろ朝方の雨の影響か、昨年に比べると暑さもさほどではなく、外でのイベントとしては好条件だったのではないでしょうか。

こちらも毎年恒例の、法政大学の相撲部の皆さんによるもちつき。


6月の時には毎年まわし姿で力強くおもちをついてくれます。


威勢のよいかけ声が響き、観客の皆さんも笑顔で見守っていました。

お子さんがもちつきに参加出来る場面も。こちらも毎年恒例の風景ですね。

今回も、おもちを購入した方には+Care Projectブースでのガラガラ抽選会に参加頂きました。

特賞の商品券や、商店街賞の大野屋さん特製ジャム・ハチミツも人気でしたが、今回はヤクルトさんとのコラボレーションにより、ヤクルト製のジュースや、キティちゃんストラップが当たり、大きな人気を集めていました。

ジュースは「きになる野菜」シリーズからホワイトグレープキャベツとパインキャロット味があり、それぞれキャベツとにんじんをミックスした、おいしく飲みやすいながらも健康に配慮した商品でした(詳しくはこちらの商品情報もどうぞ)。

午前の部「絵本の読み聞かせ」では、普段は図書館で司書さんとして働いている皆さんのご協力によって、今年も大勢のお子さんに楽しんでいただきました。


こちらも『ノンタンシリーズ』で有名な偕成社さんのご協力で、読み聞かせに来てくださったお子さんには「まるごとノンタンブック」という、ノンタンの塗り絵つき小冊子をプレゼントしていて、お子さんたちもとても喜んでいました。

午後の部「アロマハンドマッサージ」でも、アロマの先生にお越しいただきました。

「リラックス(ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンス)」「リフレッシュ(ローズマリー、ティートリー、ラベンサラ)」の2種類のオイルから選んぶことができ、手のマッサージを楽しんでいただけたようです。

ブースの中に、オイルのよい香りが広がっていて、こちらまで癒されましたね。

健康相談は、これまでで最高の20名弱の方にお越しいただき、内科的な悩みから歯科、整形外科、皮膚科と多岐にわたるご相談を受けさせていただきました。

解決の糸口をつかめた方もいらっしゃいましたし、話すだけで楽になりましたという方もいらっしゃり、こういう活動は微力ですが、今後も継続していくことで少しでも「病気になっても安心して暮らせるまち」に近づいていけたらな、と思っています。

 

また、今回、川崎の「チームパーキンソン」の方々もボランティアスタッフとして参加いただきました。 

パーキンソン病とは、徐々に体が動かしにくくなる神経系の難病です。しかし「チームパーキンソン」は、そのパーキンソン病をベースに、何でも言いたい事をいい、悩みを話す交流の場を提供しています。体が動かしにくいことから、閉じこもり症候群に陥り、さらに体が固くなって動かしにくくなる…という悪循環にはまりがちですが、それを防ぐため、そしてこの病気を知ってもらい、真にバリアフリーな社会を目指すために、積極的に外に出て活動をしています。

今回は、この活動の様子を聞いて、自分の知り合いにやはり神経系の病気の方がいて…と激励に来てくださったり、自分も実は神経系の病気で…とご相談にお越しいただいた方もいらっしゃり、この活動を通じて少しでも輪が広がっていけば、地域に住まわれている他の難病の方々にとっても、何らかの力になるかもしれないと感じました。


そして、今回会場で道行く皆様を楽しませてくれた「ヤクルト君(やっくん)」

 

子どもも大人も、ヤクルト君を見ると笑顔になり、ハイタッチをしたり写真を撮ったりと大人気でした。

もちつき祭りの概要や、健康に関連した様々な情報が載せた+Care Project特製もちつき祭りリーフレットの配布にもご協力いただき、本当にありがとうございました。

 

最後には法政大相撲部の方々とも1枚!


そして今回は、いつも協力頂いている川崎市立井田病院のボランティアスタッフに加え、地域のお母さま方と子供たちもボランティアとして、リーフレットの配布や抽選会のお手伝いをしていただき、本当に助かりましたし、特に子供たちはその働きぶり、というか、「ボランティア活動を『遊び』のように工夫」して取り組んでいる姿に感動しました。例えば、リーフレットをどちらが早く配れるか友達同士で競争したり、ヤクルト君にリーフレットを配ってもらう案を出してヤクルト君を盛り上げたり。

こういう色々な方々が集まって特性を生かしながら、イベントをより面白いものにしていく、というのはとても興味深いなと感じていました。

 

次は12月にもまた、よろしくお願いします!