なかはらびと:004 メガネのオーサカ 大坂亮志さん 第2部

「なかはらびと」は、武蔵小杉を中心とした中原区・川崎市において、様々な分野で活躍されたり、興味深い活動をされている方へ、+Care projectのコンセプトテーマに関連したインタビューを行う企画です。

 

「なかはらびと」第4回は、武蔵小杉エリアで40年前から、お客さんの個性や環境に最適のメガネを提供し続けている「メガネのオーサカ」の大坂亮志さんにお話を伺って参りました。

前回に引き続き、メガネ屋あるあるや、眼科との連携についてお話を伺って来ました。

インタビュアー:西(西)

回答:大坂さん(大)



西:メガネを作るときの検査の項目とかも店によって違ったりするんですか?


大:検査項目っていっぱいあるんだけど、大体順番って決まっているんですよ。

たまにお客さんのフリして実際に他店で購入するんですけど、プロ同士でみると「あ、ここ手抜いたな」とか「これとこれやっていない」とかわかるわけです。もちろん、人によってはこの検査はやらなくてもいいよね、というのはあるんだけど、検査はいろんなデータをとって総合的に判断するものなので、ひとつの検査で信頼性が低い場合があっても他の検査で補完できたりするわけです。

ひどい手抜きになると、そういうのが丸ごと「すとーん」と抜けていたりとか、右目はしっかりやったのに左目で明らかに手を抜いたなとか、そういうのがあるわけです。でも、それでも1個のメガネができてしまう。とくに安売り店に多いです。それで、そういうところで、できてきたメガネをみてみると、「度が強すぎる」過矯正の状態になっている場合が非常に多いです。絶対、目にとってよくない状態なんだけど、そういうのがかなりの数あるんです。

パソコン使って仕事している人も多いと思いますが、1日8時間くらいパソコン見る仕事なのに、メガネは100m先にばっちりピントが合っている、みたいな。それで疲れないわけがない。それで、肩が凝った、首が痛い、めまいがする、といって肩をもんでもらいに行ったとしても、それは対症療法だから大本を治さないと治らないわけです。その原因がメガネだと気づくか気づかないかですが、普通気づきませんよね

 

西:なるほど。いますごい大事なこと言いましたね。


今回の取材中気になった「TAKANORI YUGE」のフレーム。バイカラーという表面と裏面にまったく違う配色を施し、角度によりメガネの見え方を変えることにより顔を立体的に見せてくれるフレームだそうで、次に買うならこれかな。
今回の取材中気になった「TAKANORI YUGE」のフレーム。バイカラーという表面と裏面にまったく違う配色を施し、角度によりメガネの見え方を変えることにより顔を立体的に見せてくれるフレームだそうで、次に買うならこれかな。

大:あと、度数合わせに関してはその人の職業や生活習慣も伺います

さっきまでの話だと「じゃあ度数が強いのはダメなのか」という話だけどそうではなくて、例えばタクシーやトラックの運転手など、基本遠くを見ていることが多い職業の人もいるわけですよね。職業柄、遠くからでもきちんと信号とか看板とかが見えたりとかのほうがいいという人もいるわけで、そういう人にはしっかりした度数を入れています。

また、白内障かどうかは医者ではないから診断はできないけど、メガネのレンズをいくら変えても視力が出づらい方もいらっしゃいます。それでも少しでもよく見えるようになりたい、という人に対しては強い度数のレンズを入れることもあります。


すべては相手の話を聞いたうえで、ケースバイケースで度数を変えています。これが正解ですよというのがないので、逆にその人に合う合わないというのがあって、僕のやり方が全て正しいとも思っていないし、合わない人もいるとは思います。その辺が難しいとこかな。


西:職業とか生活習慣まで聞いて選んでくれるんですか!そんなこと、これまで他のメガネ屋さんではなかったですよ…。医者も見習わないといけませんね。ちなみに、眼科との連携というのもあるんですか?


大:眼科のドクターとも積極的に提携しています。

レンズはあくまでも目の「前」にあるものだから、それで補正できる人はいいんだけど、補正しても視力のでない人は目の「中」に異常があると考えるのが普通です。白内障とか緑内障とか黄斑変性とかいろいろ病気が考えられるわけです。あとは糖尿病は視力に影響しますよね。

そういう話を聞いてみて、普段眼科に行っているのであれば、「では今できる最良の視力でメガネを作りましょう」となりますが、そうでない人はまず眼科に行くことをオススメしたりしています。

 

武蔵新城に新しく出した店では、眼科の隣に出店してますので、場合によってそちらをご紹介させてもらいますし、行きつけの眼科がある方はそちらでしっかり眼の中をチェックしてもらうようオススメしています。あとは、白内障の手術をすると度数がすべて変わるので、手術後に逆にご紹介して頂いたりしています。

 

西:前に「こすぎの大学」で講義されたときに、顧客一人一人の「カルテ」を作ってらっしゃると話をされていたかと思いますが、それがあることでのメリットってどんなものがありますか。


大:うちはお店を40年以上やっているので、長い人だと20~30年通ってくださっている方もいらっしゃいます。カルテがあると前のメガネの見え方と比較してどの距離の見え方が困っているのかなとか、この用途に使うメガネなら今持っているメガネを勘案してこういったレンズを使えば良いのではないかと、よりパーソナルなご提案ができることが最大のメリットです。

 

また、どのくらい度数が変化したかもすぐわかりますので、度数合わせの時にでも、少し強めの度数にしたほうが良いか、または弱めの度数にしたほうが良いかを判断する材料にもなります。急激に度数が変わった方は、本当に脳外科に行ったほうがいいのでは?といったことにも気づくことができます(特に急に物が二重に見えるようになった方は要注意です)。


メガネは買い替えサイクルが非常に長いです。中には5年に一度、10年に一度しかメガネを作らないという方もいらっしゃいます。どのくらいでご来店頂けるかわからないですが、10年前のデータでも20年前のデータでもしっかり保管してありますので、お客様は久しぶりに来店されても今までのデータを元に、今の状態にあったメガネを作ってもらえるという安心感を持っていただけるのも強みだと思ってます。


西:最後に、メガネ屋さんとして目の健康を守るために、こういったことをしたらいいよというアドバイスはありますか。

 

大坂さんに勧められて購入した「Micedraw Tokyo」のサングラス。軽くてかけやすい。
大坂さんに勧められて購入した「Micedraw Tokyo」のサングラス。軽くてかけやすい。

大:これから暑くなり日差しが強くなるので、サングラスはかけたほうがいいですよ。

特に女性は、有名な話ですが、目がまぶしさを感じるといくら長袖シャツを着ていても、日に焼けてしまいます。目がまぶしさを検知して脳に指令を送りメラニン色素を出すよう指示してしまうのが原因です。

また、まぶしくて眉間にしわを寄せた状態って意外と疲れるんです。目を守るという意味で、意識してサングラスを掛けて頂くとよいのではないかと思います。


西:よくわかりました。ではさっそく私もサングラスを購入させていただきます!本日はいろいろとありがとうございました。


大:こちらこそありがとうございました。



今回インタビューしました「メガネのオーサカ」さんも加盟する「武蔵小杉駅前通り商店街」では毎年6月・12月の第2日曜日に「もちつき大会」が開催されます。

 

今年は6/14の日曜日、10時ころから開催です。

この「もちつき大会」に合わせて、+Care Projectでは医師・看護師を中心とした「健康相談」を行います。

 

★ 日頃ちょっと悩んでいること

★ 病院に行くほどではないんだけど聞いてみたいこと

★ テレビでこんなこと言ってたけど、あれって本当なの?

 

といったことまで、何でもお聞き下さい!また、健康相談の他にも、絵本の読み聞かせや抽選会、ハンドマッサージなどその時々で様々な企画をご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

また、当日会場周辺では「もちと健康」に関するリーフレットも配布します。もちはどう健康に良いの?ということから、これからの季節の過ごし方まで、ちょっとためになる情報がいっぱいです!

おもちは毎年14時~15時頃には売り切れてしまいますので、皆様お早めにお越し下さい!


 メガネのオーサカ 武蔵小杉店

http://www.megane-osaka.jp/

神奈川県川崎市中原区小杉町3−426

TEL : 044-722-4262

定休日:なし

営業時間:

平日 10:00 ~ 20:00

日曜・祝日 10:00 ~ 19:00


メガネのオーサカ 武蔵新城店

神奈川県川崎市中原区上小田中3-23-32

TEL : 044-797-0553

定休日:日曜・祝日

営業時間:9:00 ~ 18:00