コスギフェスタで体験できる「姿勢計測」って?

こんにちは。管理人のニシトモヒロです。

 

10/25に開催予定のコスギフェスタで、+Care Projectもブースを開きます。

 

具体的には「TEAM運動」「TEAM食」に分かれて、TEAM運動ブースでは姿勢計測や握力測定といったカラダの測定、TEAM食ブースでは「具だくさん健康味噌汁」の試食を予定しています(チラシにあった「醤油バターポップコーン」は保健センターの許可が下りず中止になってしまいました)。

詳細はこちらのページをご覧下さい。

 

今回は、これらの企画の中から「姿勢計測」を中心にご紹介します。

 

「姿勢計測」をどうやってやるか?

 

それはオムロンヘルスケア様からご協力頂き、写真にある「ウォークスキャン」を用いて行います。

 

腰につけて10歩歩くだけで、歩行のクセがわかるという優れもの!今回は、このウォークスキャンを皆様に体験して頂きます。


歩行タイプを判定するときのポイントは、

 

(1)腰の位置

(2)足の運び

(3)歩行バランス

の3つ。

 

判定結果は点数と一緒に「ペンギン」、「アヒル」、「フラミンゴ」の動物名で教えてくれます。

下から「ふらふらペンギン」、「ペンギン」、「ふらふらアヒル」、「アヒル」、「フラミンゴ」、「きらきらフラミンゴ」の全6タイプ。

歩行バランスが悪いと「ふらふら」がつきます。

例えば「ふらふらペンギン 35点」というような結果で出ますので、悪い結果が出るとちょっとショックー・・・かもしれません。

「ふらふら歩き」は腰回りや太ももの外側の筋肉が弱く、歩行中に片足で体重を支えきれずに、左右に骨盤が揺れながら歩くのが特徴です。


「アヒル歩き」は、おしりを突き出して膝を曲げて歩く姿勢が特徴で、主にハイヒールを履いている女性に多く見られます。


「ペンギン歩き」は、骨盤と上半身が後ろに傾いた姿勢で歩いているのが特徴で、猫背で腰や股関節周りの筋肉が弱い人に多く見られる歩き方です。


ちょっと歩き方のコツを改善するだけでも、点数はけっこう改善します。会場では、改善のポイントも資料で配られますし、何度でも体験できますのでチャレンジしてみて下さい。


また、きちんとした歩き方は、「こすぎ美人教室」でも学ぶことができます。

 

11/21から始まる、こすぎ美人教室にて「運動」を担当する谷英子先生は、骨格矯正の専門クリニックでの10年以上の経験を基に、体のゆがみの改善に着目した独自のウォーキングメソッド「骨盤ウォーキング」を考案された方です。実は、このウォークスキャンの監修をされたのも谷英子先生です。

 

「こすぎ美人教室」ではこの谷英子先生など3名の講師をお招きして女性の「美+Care=内面から健康的に美しくなること」、をテーマに「運動」「食」「睡眠」の視点から、生活を見つめなおす3回のレッスンを開催します。

 

「カラダのメンテナンス方法を知り、年を取りにくいカラダを作る」

「女性のカラダを知り、体調のくずれを予防できるようになる」

を、目標にしたこれらのレッスン。

姿勢や歩き方が気になっているあなたも、是非参加してみませんか?

「こすぎ美人教室」の詳細はこちらをご覧下さい。