いま話題の「スパイラル酢フト」とは?

 みなさんこんにちは。管理人のニシトモヒロです。

 

 みなさんは「酢フトクリーム」なるものをご存じですか?

 ソフトクリームじゃないですよ酢フトクリーム。酢なのです。

 

 +Care projectでも発酵食品は健康食としてひとつのテーマ。

特に「酢」については、昔からダイエットや疲労回復、減塩効果などが期待された食品です。

 

 でも、酢が入ったソフトクリームってどんな味・・・?さっそく食べに行ってみました。

 

 本日お伺いしたのは、東京駅構内「グランスタ」内にある、「エキスプレ・ス・東京 グランスタ店」。

 武蔵小杉からなら、横須賀線で簡単に行けますが、姉妹店が他にもラゾーナ川崎内や銀座三越内にあります。

 

 ではさっそく、「酢フトクリーム」を・・・。

 と思ったら、すごい数のメニュー!さすが「飲む酢」のお店だけあります。

 ここで提供している酢は、酢の酸味をデザートでも楽しめるようにと開発された「デザートビネガー」という商品で、果実をはじめとする材料を発酵させてできたビネガー(酢)と、その原料と同じ素材を合わせることで、ソフトな酸味と甘い香りに仕上げているんだそうです(ビネガー専門店オークスハートパンフレットより)。

 

たくさんの種類の「デザートビネガー」
たくさんの種類の「デザートビネガー」

 「酢フトクリーム」は単品でも提供されていたのですが、せっかくなので「デザートビネガー」も味わってみたい!ということで、お好みの「デザートビネガー」の上に「酢フトクリーム」がのった、「スパイラル酢フト」(¥410)を試してみました。

 

 最初に、お好みの「デザートビネガー」を選び、それを水か炭酸水のどちらで割るかを選べます。その上に「酢フトクリーム」をのせてもらってできあがり!

 

 デザートビネガーは、お店のオススメだった「アサイー&ブルーベリーの酢」にしてみました。

 昔、黒酢ブームだった頃の「飲む酢」のイメージがあったので、かなりの酸味を覚悟していたのですが、ひとくち食べてみて「あれ、そんなに酸っぱくない・・・」という印象。クリームチーズのような、スッキリとした酸味が甘みとマッチしてとてもさわやかな味わいです。

 「デザートビネガー」も、お酢特有の、鼻にツンとくる感じはほとんどなく、とても飲みやすいですし、酢フトクリームと合わせると、酸味が苦手な子供でも食べられそう!という印象でした。 

 

 酢については、こちらの記事(J・SPA:美のもと「フルーツビネガー」がブームの兆し。カフェメニューからシュウェップスまで)でも特集されているように、美味しくておしゃれな果実酢(フルーツビネガー)が多く出回るようになって、手軽に酢を取り入れて、健康や美容効果に期待できるようになってきました。

 また、お酢にも色々と種類があり、ものによってはあの「鼻にツン」がそんなにしない、まろやかなものもあります。お値段とも相談になりますが、お酢が元々苦手、という方は意外とお酢そのものを変えることで、その美味しさに目覚めるかもしれません。

 

 酢は暑さで食欲が無くなりがちなこれからの季節に積極的に取り入れたいですし、病気自体や抗がん剤などの治療、妊娠のつわりなどで食欲が落ちているときにも大きな味方です。

 

 もともとお酢が苦手な方も、昔の「お酢バー」的なところで痛い目にあった方も、もう一度こういった飲みやすいお酢から試してみるのはいかがでしょうか?

 

武蔵中原にある「天然素材蔵」というお店が開発した「横濱ビネガー」というお酢があります。横浜が選んだ横濱ブランドとして、横浜高島屋や神奈川観光協会などでお土産でも売り出されているようです。また、天然素材蔵では「お酢ジュース」も開発して売り出しているようです。ただ、どちらも結構お高いですが・・・。