+Care Books:『幸せになれる眠るメソッド48』

 皆さんこんにちは。管理人のニシトモヒロです。

 

 ココロとカラダにいい本をご紹介する「+Care Books」のコーナー。今日は皆さんに『GOOD SLEEP BOOK — 朝までぐっすり、幸せになれる眠るメソッド48』をご紹介します。

 

 皆さん、よい睡眠、とれていますか?仕事が忙しい、家事が忙しい、遊びに忙しい・・・で時間がなく、まず睡眠時間を削って・・・と考えがちではないでしょうか。でも、実際には睡眠時間を削ってしまうことで、すごーく損をしているかもしれませんよ。

 

「たかが睡眠?」とあなどるなかれ。

 

 睡眠不足によって、どの程度損をしているか?

 調査によってまちまちですが、例えば家具大手会社イケアの調査では、東京だけで年間4700億円もの経済損失が生じていると報告されています。これは、睡眠不足による仕事の遅刻や効率低下、事故などによるもの。睡眠時間も世界の他の都市、例えばパリと比較すると1.6時間も短く、日本は「睡眠後進国」という結果に。

 

 経済的なことだけではなく、もちろん健康にとっても睡眠は大切。睡眠不足が「太りやすさ」につながったり、高血圧や糖尿病などとの関連もあるとされています。

 この本では、最新の睡眠科学から得られた結果をもとに、質の良い睡眠が美肌や業績アップにもつながることを教えてくれます。

 

 快眠につながる生活習慣や寝具の選び方、意外と知らなかった眠りのひみつなんかも知ることができて「目からウロコ」です。

 例えば、「昼2時頃に眠くなるのは自然」ということ。これまでは、きちんと寝ているはずなのにおかしいなーと思っていたのですが、これを読んで「やっぱりね!」と。しかも、昼寝のポイントまで書いてあるので安心して昼寝ができる・・・?

 

 皆さんも、これを機会にご自身の睡眠習慣を見直してみるのはいかがでしょうか?