2020年6月からのプラスケアの暮らしの保健室

完全予約制について

2020年6月からは、向河原のみ開催で「完全予約制」にて行います。

 

ご予約はこちらから(前日17時まで) お問い合わせ

2020年6月のプラスケアの暮らしの保健室は、向河原のみ開催で完全予約制にて行います
予約方法は前日の17時までにメールまたはホームページのお問い合わせからご連絡ください

暮らしの保健室を開催する上での感染予防について

 

暮らしの保健室では当面の間、下記の通りの感染予防策を実施して開催します。なお、今後の感染や社会の状況に応じて、適宜変更をしていく予定です。

ご利用の皆様にお願いしたいこと

  • 当面の間はいわゆる「三密」を避けるため、完全予約制での開催とします(1組1名まで、30分)。保健室ご利用希望の方は前日17時までにinfo@kosugipluscare.comまでご連絡をお願いいたします。
  • メールにて事前のアンケートをお願いします。ご本人・同居者の発熱および感染拡大大国からの入国後、14日以上経過していない方のご利用はできません。
  • 利用者は当日、マスクおよび上履き(スリッパ)のご持参をお願いします。スタッフもマスクを着用します(状況に応じてアクリル板も使用させていただきます)。
  • 保健室利用当日は、お越しになる前に体温測定をお願いします。37.5℃以上ある場合は、外出をお控えください。保健室にお越しいただいた際にも、検温を行います。
  • 保健室にお越しいただいた際に、手指消毒をお願い致します。
  • 当面の間、コーヒーなど飲料の提供は控えさせていただきます。
  • ゴミは各自持ち帰りをお願い致します。
  • ご利用料金は30分1000円となります。プラスケア会員の方は無料です。

暮らしの保健室で私たちが行う衛生管理

  • 1組ご利用ごとなどに定期的な換気および清掃・消毒を行います。
  • スタッフは定期的なうがい・手洗いを行い、またアルコールなどでの手指消毒を行います。
  • 保健室開室前にスタッフの体温測定を行います。
  • ドアノブやテーブル、物品などを次亜塩素酸水を用いて定期的に清掃いたします。
  • スタッフは個々に十分な睡眠や食事などについて体調管理に努め、管理者が定期的に体調をチェックします。スタッフ(および同居者)の体調によっては急遽、当日の暮らしの保健室開催を中止することがございます。その際、予約を頂いていた方々へは個別に連絡をいたします。
  • タオルの共用などは行わず、ペーパータオルを利用します。


※都道府県および川崎市から外出や営業の自粛要請などがあった場合は、要請に従い適切に対処いたします。

今後のイベントについて

一般社団法人プラスケアが関連するイベント開催について

  • イベントについては暮らしの保健室開室後、安全に実施できることが確認され次第、徐々に再開していくことを計画しています。

※イベントとは、社会的処方研究所Factory、暮らしの保健室ラボ、お灸教室、化粧外来、足育クラブ、あのねの部屋、などになります。

オンラインでの暮らしの保健室およびイベント開催

「新しい生活様式」に準じての活動を行いつつ、つながりを広げていくためには、今後オンラインの活用は欠かせません。一般社団法人プラスケアでも、自粛期間を通して「オンライン暮らしの保健室」を開催してまいりました。オフラインでの暮らしの保健室も開催していきますが、昨年までのような「誰もがふらっと立ち寄れる」保健室からはまだ遠い状況です。私たち一般社団法人プラスケアとしては、今後も地域の方々とつながりを作っていくためにオンライン暮らしの保健室を継続し、またイベントについてもオンラインを利用して行います。

オンライン暮らしの保健室

会員限定にて開催します。開催日時や方法については、プラスケアの会員メーリングリストにてお知らせします。

オンラインイベント

  • YouTube「暮らしの保健室チャネル」
    https://www.youtube.com/channel/UCL_mdFlkQvdqe88BlHt0F2Q
    暮らしの保健室ラボのオンライン開催、また一般社団法人プラスケアの理事たちが赤裸々トークを行う「返ってきた楽屋裏」などをご提供していきます。こちらは公開されていますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

  • 社会的処方研究所
    https://community.camp-fire.jp/projects/view/77042
    社会的処方研究所オンラインコミュニティの会員および、書籍『社会的処方』をプラスケアオンラインショップにて購入いただいた方などに向けてオンラインイベントを開催していきます。開催日時や方法については、オンラインコミュニティおよびSNS、メーリングリストなどでお知らせします。

  • その他
    その他の各種イベントについても、今後オンラインイベントを計画していきます。プラスケアのfacebookページ、Twitterなどをご参照ください。