暮らしの保健室 武蔵新城

武蔵新城で3ヶ月に1度土曜日に

NAYA enjoy spaceは武蔵新城北口から徒歩5分にあるコミュニティスペース。

 

築100年の納屋をリノベーションして作られた2階建ての建物で、2016年10月からNAYAメンバーズとして市民団体「みどりなくらし」などの団体が親子広場や英語教室を定期開催しています。

 

こちらでの暮らしの保健室は「みどりなくらし」との共同開催という形で、3ヶ月に1度、土曜日の10時~14時に行っています。

テーブルの上には、暮らしの保健室のメニューが置いてあります。

 

コーヒー、紅茶からお選びください(元住吉と異なり、こちらにはアイスのご用意はございません)。

 

コーヒーは元住吉の名店「Mui」さんに、暮らしの保健室のために作って頂いた「暮らしの保健室ブレンド」。紅茶は、元紅茶専門店で勤務していたスタッフのセレクトで、季節に合わせた3種類の茶葉を仕入れています(1種類がアッサム、他2種がフレーバーティーとなります)。

特に相談事が無くても、コーヒーやお茶を飲むだけでも結構です。喫茶店感覚でふらっとお立ち寄りください(食事の提供がありませんが、お持ち込みは可です)。

 

また、メニューには私たちが提供しているサービスのご案内もあります。

暮らしの保健室でお茶しながらの相談以外に、ナースサポートやよろず相談など他のサービスをご希望の方はお気軽にお声がけください。

 

→サービスを見る

外から見ると、平屋に見えたNAYAですが、じつは2階があります。

 

1階では、みんなでテーブルを囲んで和気あいあいとお話をする雰囲気で、こちらも楽しいのですが、中には人にはあまり聞かれたくない相談をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

そういった個別の相談をご希望の方は、こちらの2階で相談できます。

 

 

→よろず相談について詳しく

暮らしの保健室での相談のようす

ぬくもりのある木のテーブルが1階にはあります。

ちょうど看護師と相談している方がいました。

まだお茶が運ばれてくる前のようですね。

 

病気や健康のことで相談したいことがある方は、どうぞお気軽にお越しください。

予約は必要ありません。スケジュールをご覧になり、開催時間にお越しください。

医師、看護師などスタッフ一同でお待ちしております。

 

 

→暮らしの保健室についてくわしく

 

→暮らしの保健室(元住吉)を見る

→暮らしの保健室(新丸子)を見る


NAYA enjoy space(川崎市中原区上新城2-6-20)

 

JR南武線武蔵新城駅北口から、「新城北口はってん会」の商店街を歩いて徒歩5分。

 

細い路地を右手に入り、蕎麦屋などを越えた先の角にある藍色の建物になります。

入口が若干分かりにくいですが「上新城町内会館」という木の看板の上に「NAYA」と書いてありますのでそちらからお入りください。

 

→アクセスについて詳しく見る