暮らしの保健室 武蔵小杉

病気による悩み事や生活の困り事をカフェで相談できる

病気のこと、まわりの人には言えないんだけど、聞いてほしい
親の介護に加えて持病が…会社を辞めた方がよいか悩み中です
癌の疑いで再検査。怖くて何も考えられない、どうすればいいの?

暮らしの保健室とは

カフェのような柔らかな雰囲気の場所で、病気の悩みや健康に関する心配ごとを相談したり、話したりできる場所です。

コーヒーや紅茶を飲んで一息つくこともできます。まずは一度お茶がてら、いらしてみてください。

 

予約などは必要ありません。いくつか開催場所がありますので、開催日と場所をご確認の上、開催時間中にお越しいただければ看護師(コミュニティナース)がお話を伺います。

 

プラスケアの暮らしの保健室は、多くの方が相談しやすいよう元住吉武蔵新城新丸子など川崎市内の複数の場所で開催しています。

※ コミュニティナース:医療機関に限らず、街中など市民の暮らしの近い場所で活動する看護師のことです。

暮らしの保健室でできること

学校には保健室、会社には産業医、街中には?

2017年4月、川崎市内では初めての「暮らしの保健室」が始まりした。

「暮らしの保健室」は、一言でいうならば、「学校の保健室のような役割をもつ場所」です。

 

「なんだか体のことで気になることがあるけど、病院に行くべきかしら?」

「家族が、がんと診断されたのだけど、どうしていけばいいかわからない…」

などといったときに、みなさんは誰に相談をしようと思いますか?

親? 兄弟? 友人…?

「知り合いに医療関係者がいればいいな」と思ったことはありませんか?

そんな時に、ふらっと立ち寄れて気軽に医療者とつながることができる場所―それが暮らしの保健室です。

どこでやってるの?

川崎市中原区を中心に

全国に複数ある「暮らしの保健室」は、それぞれ様々な活動の形ですが、プラスケアの暮らしの保健室は、「多くの方が利用できるように」、また、「街の中のつながりを自分たちも知られるように」といった理由から複数の場所を回っています。

向河原・武蔵小杉や武蔵新城など、川崎市中原区を中心にコミュニティスペースや店舗の空き時間などに開催しています。

 

遠くてなかなか行けないという方も、利用しやすい場所や時間の保健室に、どうぞお越しください。

 

日程や場所については、日程カレンダーをご覧ください。また、メールマガジンをお申し込みいただければ開催についてメールでお知らせいたします。Twitterでも毎月の予定をお知らせしています。

暮らしの保健室向河原・武蔵小杉の写真

向河原・武蔵小杉

毎週水曜10:00〜17:00

やまと診療所武蔵小杉3階  アクセス

暮らしの保健室新丸子の写真

新丸子

不定期

丸子テラス アクセス

暮らしの保健室武蔵新城

武蔵新城

3か月に1回

NAYA ENJOYSPACE アクセス


暮らしの保健室溝の口ノクチカの写真

溝の口

毎月第3火曜 10:00〜16:00

ノクチカ アクセス

元住吉

毎月第2木曜 10:00〜16:00

カフェオレンジブルー アクセス


ご相談内容の例

これ以外でももちろんお気軽にどうぞ

  • 身内が大きな病気になり、目の前が真っ暗で悩みを誰に言えば、何を言えばいいかわかりません
  • 休職が長くなりそうで生活が心配
  • 雨になるときまって頭痛が…。これって病気?
  • 闘病2ヶ月め、食欲なくて食べられません
  • 会社いきたくなくて涙が出るんです。気がつくと疲れたって言ってて。
  • 癌になったら、肉を食べてはいけないって人から言われたんですが?
  • 血圧が上が240ってだめですかねぇ?
  • 引っ越してきたばかりで、よい病院わからないので紹介していただけませんか?
  • 私は30なんですけど、乳がんの検診行った方がいいのか、行かなくていいのか、どっちでしょうか? 友人が乳がんになったので心配で。
  • 80になる親が最近、歩き方が変なんです。足をずるずる引きずるし、よくつまづくんですよね。